育毛器の効果的な使い方とは?

育毛器は髪を増やし抜け毛を抑えるために使う機器ですので、髪の悩みを抱える場合は一刻も早く効果を及ぼしたい所です。ただどのような機器であれ使用方法を誤りがあったり適当に扱っていたのでは、本来ある効果を充分に引き出せないこともあるのですが、育毛器の場合はどのような使い方が効果的になるのでしょうか。

 

【効果的な使い方について】

 

低出力レーザー光

まず育毛器の使用方法については、初めて取り扱う方でも使いこなせるほど簡単で、機器の操作は難しくありません。効果的な使い方としてポイントになるのは気になる薄毛の部位におよそ5〜10秒ほど機器を当ててレーザー光線を照射し、照射後は横に1cmほどずらして照射を繰り返し行う点が挙げられます。機器によっては照射面が広かったりレーザー光線の本数が多い場合もありますので、横にずらす際には何cmほど位置を変えるかあらかじめ確認しておくと良いでしょう。また照射する際に長い時間をかけて照射したり、繰り返し同じ箇所に照射しても効果が大きくなる訳ではありません。繰り返し照射する事で頭皮が痛むわけではありませんが、一回の使用では一回の照射を行なうだけで十分です。

 

【他の抜け毛対策と併用する】

 

育毛が必要な頭皮

また効果的な使い方を考える上では、他の抜け毛対策を併用して機器を使う事もまた重要です。このレーザー光線の照射は髪が生えやすい環境を整える表面的な作用になりますので、例えばAGA(男性型脱毛症)でよく用いられるプロペシアなどの医薬品を併用しても副作用はなく、むしろ併用する事でより大きな効果を期待できるのです。特にプロペシアの場合は男性型脱毛症の原因である2型5-α還元酵素を阻害する作用があり、国の認定を受けた数少ないAGA治療薬として有効な医薬品なのです。またプロペシアは2015年からジェネリック医薬品が発売され、薬価が低くなったことで評判を呼んでいますので、レーザー光線で身体の外側からプロペシアで身体の内部から効果を及ぼす事で、双方の相乗効果が大きく期待されます。