プロペシアがAGAに効果的な理由

プロペシアは主成分フィナステリドがAGA(男性型脱毛症 Androgenetic Alopecia)に効果がある治療薬の商品名で、MSD株式会社(旧 万有製薬)が発売しています。何故プロペシアがAGAの治療に効果的なのでしょうか。

 

【なぜプロペシアはAGAに効果的なのか?】

 

男性ホルモンのテストステロンが不足すると、その代替として5α-リダクターゼにより男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。そのDHTが毛乳頭細胞にある受容体や皮脂腺の受容体と結合して髪の成長機能を阻害し、髪の成長期を短くする事により進行していく症状がAGA(男性型脱毛症)です。

 

プロペシアはそのDHTの生成を阻害する事により、毛髪の成長期を正常化して抜け毛を抑える働きがあります。プロペシアの主成分フィナステリドは、もともと前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として使用されていましたが、服用者の薄毛が改善される副作用に着目されてAGAの治療薬として研究されて認可されました。

 

プロペシア自体に髪の毛の量を増やす効果は殆どありません。今の毛量を維持しながら抜け毛を減らし毛髪の成長を促進して髪を長く太く保つ事によってAGAの進行を食い止めるのが目的です。

 

【プロペシアによるAGA治療方法や効果について】

 

プロペシアは内科や皮膚科で診察を受けて処方してもらいます。プロペシアの用法は標準でフィナステリド含有量0.2mgを1日に1錠、患者の感度が低いなど医師の判断があれば1日に最高5錠まで服用します。お茶に含まれるカテキンで効果が薄れやすいので白湯や水と一緒に服用して下さい。

 

副作用はかゆみや蕁麻疹が出たり、稀に勃起付機能不全、精液量減少が表れる事もあります。プロペシアはDHTの生成を抑制する事によりAGAを改善する薬なので、女性の薄毛や、円形脱毛症、食事や生活習慣に起因する脂漏性脱毛症等には効果はありません。

 

AGAの方でも、髪を成長させる毛母細胞自体が弱ったり死滅している場合、プロペシアは殆ど効果がないでしょう。プロペシア服用の目安は6ヶ月で、服用してみて効果が見られない場合は、医師と相談の上服用を休止して下さい。